Skip to content

企業様向け

世界最大の臨床マイクロRNAプロファイルデータベースの一部

MiRXESは、マイクロRNA検出技術を新規マイクロRNAバイオマーカーの発見、臨床アッセイやその他の実用的なアプリケーションの開発に適用する世界的リーダーです。

2012年にのシンガポール胃がんコンソーシアム設立以来、世界中トップの学術研究機関や製薬会社と提携しています。

当社の研究プログラムは、生物医学、製薬、農業バイオテクノロジー、獣医学の分野にまたがり、癌、心血管疾患、糖尿病などの人間の病気が含まれています。

世界中で

0

以上の患者サンプルのプロファイル

世界中で

0

を超える患者サンプルをグローバルにプロファイルする

世界中の

0

を超える主要な製薬および学術パートナー

0

種類以上のがんを調査した

0

以上の主要な疾患を研究された

胃癌

MiRXES、シンガポール胃癌コンソーシアムおよび国立大学病院(NUH)、タントックセン病院(TTSH)、A * STARの診断開発ハブ(DxDハブ)、バイオプロセシングテクノロジーインスティテュートのその他の研究者との2012年以来の実り多いコラボレーションにより、 胃癌の早期発見のための世界初の血液検査である、CEマークおよびHealth Science Authority(HSA)承認の臨床microRNAアッセイ。

このパートナーシップは、胃がんスクリーニングの体外診断(IVD)およびツールとしてGASTROClearを使用することの臨床的有用性と健康経済性を研究するため、市販後の研究に継続されます。

また、東京大学および日本の国立がんセンターから韓国の延世がんセンターまで、世界中の研究者と協力して、予後、治療の選択、および疾患のモニタリングのための胃がんマイクロRNAバイオマーカーを開発しています。

続きを読む

肺癌

当社は世界中で最も一般的で致命的な癌である肺癌に焦点を当てた学術および業界パートナーとの複数の研究協力を行っています。

中国の浙江がん病院と共同で、シンガポール、中国、ヨーロッパの1,600人を超える患者から肺がんバイオマーカー発見研究を完了しました。2018年から、ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションおよびヤンセン・ファーマシューティカとの継続的な戦略的コラボレーションを開始し、初期段階の疾患の検出を改善することを目的とした新規肺がん診断テストを開発しました。

現在、世界中のパートナーを集めて、肺がんの早期発見を目的とした世界最大のマイクロRNAバイオマーカー臨床研究を開始しています。

心不全

MiRXESは、腫瘍学以外の分野で広範な研究協力を行っており、マイクロRNAバイオマーカーは疾患の診断と予後診断にも役立ちます。

循環マイクロRNAアッセイと一般的に使用されるバイオマーカーであるNT-proBNPの組み合わせ、従来よりも精正確な心不全の検出が得られることを示す調査研究を完了しました。 この研究は、シンガポールの循環器研究所のマーク・リチャーズ教授とウォン・リー・リー博士が主導し、シンガポールとニュージーランドの臨床医と研究者が30人以上含まれていました。

調査の結果は、2019年3月にJournal of the American College of Cardiology(2018年の影響係数18.6)に掲載されました。

続きを読む

糖尿病

MiRXESの研究開発活動は、基礎研究と臨床研究の両方を対象としており、学術研究機関と製薬会社両方と提携していますす。

糖尿病前症および2型糖尿病の危険因子であるインスリン抵抗性に関する探索的microRNAバイオマーカー発見研究を完了しました。 この研究は、米国ヤンセン研究開発およびシンガポール国立大学、A * STAR分子細胞生物学研究所、および国立大学病院の研究者と協力して行われました。

この研究の結果は、2019年4月にFrontiers in Physiologyジャーナルに掲載されました。

続きを読む

MiRXES、シンガポール胃癌コンソーシアムおよび国立大学病院(NUH)、タントックセン病院(TTSH)、A * STARの診断開発ハブ(DxDハブ)、バイオプロセシングテクノロジーインスティテュートのその他の研究者との2012年以来の実り多いコラボレーションにより、 胃癌の早期発見のための世界初の血液検査である、CEマークおよびHealth Science Authority(HSA)承認の臨床microRNAアッセイ。

このパートナーシップは、胃がんスクリーニングの体外診断(IVD)およびツールとしてGASTROClearを使用することの臨床的有用性と健康経済性を研究するため、市販後の研究に継続されます。

また、東京大学および日本の国立がんセンターから韓国の延世がんセンターまで、世界中の研究者と協力して、予後、治療の選択、および疾患のモニタリングのための胃がんマイクロRNAバイオマーカーを開発しています。

続きを読む

お問い合わせ

私たちの研究の詳細については、またはパートナーシップを探索してください!